man私はmacOS Sierraにアップグレードするとき、それは動けなくなっているようです。それに、友人もアップグレードした後のmacOS Sierraに悩んでいるそうです。 どのようにこれらの問題を解決するのですか?

心配しないで、この問題を解決するために方法をすべて紹介します。man2

目次パート1。macOS Sierraのインストールがスタックする原因パート2。macOSHighSierraのインストールのスタックを修正する方法パート3。macOSSierraを高速化する方法は?パート4。まとめ

みんなが読んでいる:Macをアップデートする方法Macをスピードアップする方法

パート1。macOS Sierraのインストールがスタックする原因

優れた性能と多くの機能が付属しているmacOS Sierraへのアップグレードはとても楽しいものです。 しかし、そのようなメリットを享受していない人もいます。 彼らはインストールのmacOS Sierraが問題が出てきて、イライラしています。


幸い、この記事では、さまざまな問題とその修正方法を紹介します。 しかし、 macOS Sierraのインストールが止まった以下の問題のそれぞれの概要から始めましょう :

1 - macOS Sierra用に十分なディスク容量がない。

2 - macOS Sierraのインストールが遅い。

3 - macOS Sierraのインストールがフリーズ。

4 - macOS Sierraがインストールされた後にMacデバイスが起動しません。

5 - MacOS Sierraをインストールした後のWi-Fi速度が非常に遅い。

6 - macOS SierraのBluetoothハードウェアに関するトラブル。

7 - さまざまなSafariプラグインに関する問題。

8 - アプリケーションが起動またはクラッシュしない

9 - macOS Sierraのバッテリー寿命が短縮になる。

10 - iTunesは常にmacOS Sierraでクラッシュする。

11 - PhotoshopはmacOS Sierraで起動しない。

12 - macOS Sierraが遅い。

MacOS High Sierraをインストールする

パート2。macOSHighSierraのインストールのスタックを修正する方法

上記で動かなくなっているmacOS Sierraのインストールの問題によると、これらの問題に対応するいくつかのソリューションは次のとおりです。

  1. システム内の不要なファイルを取り除き、macOS Sierraのインストールに必要なディスク容量を増やします。
  2. Macを再起動して、セーフモードを起動します。
  3. NVRAMとSMCをリセットします。
  4. 古いmacOS Sierra Wi-Fi設定を削除します。
  5. 最新のBluetoothハードウェアを使用します。
  6. さまざまなSafariプラグインを無効にします。
  7. アプリケーションが起動しないか、クラッシュしてもSierraの互換性に問題がないか確認してください。

問題1.macOSSierra用の十分なディスク容量がありません

デバイスにmacOS Sierraをインストールするための十分なディスク領域がないなら、イライラすることがあります。 macOS Sierraをインストールするには、少なくとも8GBのディスク容量が必要です。 十分でないことを示すエラーメッセージがデバイスに表示される場合、システム内の不要なファイルを取り除く必要があります。 素早くきれいにするには、 強力なクリーニングツールの力を借りた方がいいです。そしてここで iMyMac PowerMyMacをおススメします。

iMyMac PowerMyMacの使用方法は次のとおりです。

ステップ1.Macにプログラムをダウンロードして起動する

公式サイトからプログラムをダウンロードしてください。 Macデバイスでソフトウェアを起動します。 メイン画面には、デバイスのネットワーク状態が表示されます。

PowerMyMac無料トライアルを入手今すぐ無料トライアルを入手!

ステップ2.システムジャンクをスキャンする

画面の左側を確認してください。 「マスタースキャン」モジュールを選択します。 スキャンボタンを押して、スキャンプロセスを開始します。 PowerMyMacは、アプリケーションキャッシュ、フォトキャッシュ、メールキャッシュ、システムログ、システムキャッシュなど、さまざまなカテゴリのジャンクファイルを表示します。

システムジャンクのスキャン

ステップ3.クリーンアップするアイテムを選択します

カテゴリを選択し、ファイルをプレビューします。 クリーンアップするカテゴリと特定のファイル(そのカテゴリ内)を選択します。 「クリーン」ボタンを押します。

クリーンアップするアイテムを選択します

ステップ4.クリーンアップが完了した

選択したファイルがクリーンアップされるまで待ちます。 これらのファイルはZero KBとしてマークされます。 自動再作成フォルダはそのようにマークされません。

クリーンアップが完了しました

問題2.macOSSierraのインストールが遅い

これはmacOS Sierraにアップグレードしたい人がよく経験する問題です。 そしてそれは通常雑然としているデバイスによって引き起こされます。 これに対する修正は何ですか?

macOS Sierraをインストール前にMacを片付けなければなりません。 これは、特に虹色のホイールがデバイスに常に表示されている場合にも。

前述のように、多くのスペースを占有する役に立たないアプリをアンインストールするには、iMyMac PowerMyMacが使用できます。

問題3.macOSSierraのインストールがフリーズ

macOS Sierraのインストールが行き詰まっているように見えることがあります。 これは、インストールがフリーズしていることです。

まずは何をすべきですか? 落ち着いてCommand + Lを押します。これにより、ログに関する詳細情報が得られます。また、インストールが完了するまで実際に待機する時間も表示されます。 これを監視して、ファイルが実際にデバイスにインストールされていることを確認してください。

Command + Lを押しても、何もインストールされていない(何も起こらない)時、電源ボタンを押したままにしてデバイスをシャットダウンしてください。 その後、Macデバイスを再起動してください。 ログを確認するには、もう一度Command + Lを押します。

まだ何も起こらない場合はどうなりますか? もう一度Macを再起動してみてください。 開いたら、Shiftボタンを押しながらセーフモードを起動します。 App Storeを起動し、現在セーフモードになっている間にMacをアップデートします。

問題4.macOSSierraをインストールした後にMacデバイスが起動しない

インストールは完了しましたが、macOS Sierraの代わりに灰色のモニターが見えますか? まあ、これはmacOS Sierraがインストールされた後Macが起動しないことを意味します。ハードコアの修復方法を利用してください。 それを行う方法は次のとおりです:

1 - NVRAMをリセットしながらMacデバイスを再起動します。 Command + Option + R + Pを押してこれを行います。これらのキーを押したままにします。

2 - システム管理コントローラ(SMC)をリセットします。 これを行うには、Macデバイスをシャットダウンし、すべてのケーブルを外します。 数分待ってください。

その後、もう一度ケーブルを差し込みます。 その後、Macデバイスの電源を入れてください。

3 - Macデバイスをセーフモードで起動する。 これを行うには、Macデバイスをシャットダウンし、Shiftキーを押しながら再起動します(必ず押し続けてください)。

さらに、Macデバイスには最低9GBの空きディスク容量があることを確認しなければなりません。

4 - 利用可能なすべての他社製のKextおよび拡張機能を削除します。

5 - アンチウイルスアプリケーションを削除します。

6 - macOS SierraはPPTP VPNソフトウェアをサポートしません。 だからこそ、最初にこれらすべてを削除する必要があります。

Mac Reset Nvram

問題5.macOSSierraをインストールした後のWi-Fi速度が非常に遅い

この問題は、古いMacOS Sierra Wi-Fi設定が原因である可能性があります。 この問題を解決するには、現在の設定を削除してアップデートする必要があります。 それを行う方法は次のとおりです:

ステップ1 - デスクトップ上の空いている場所をクリックします。

ステップ2 - Command + G + Shiftを押します。

ステップ3 - 特定のディレクトリを入力してください:/Library/Preferences/SystemConfiguration/

ステップ4 - 起動するフォルダに表示されているファイルを削除します。 ファイルを以下に示します。

  • com.apple.network.identification.plist
  • com.apple.airport.preferences.plist
  • com.apple.wifi.message-tracer.plist
  • preferences.plist
  • NetworkInterfaces.plist

ステップ5 - これらのファイルをすべて削除したら、Macデバイスを再起動します。 Wi-Fiルーターも再起動してください。

Macos Utilitiesウィンドウ

問題6.macOSSierraのBluetoothハードウェアに関する問題

macOS Sierraにアップデートした後にデバイスに含まれるハードウェアのいくつかが機能しないなら、それは落ちたためかもしれません。 Appleは実際にはBluetoothの開発が標準の範囲内であることを保証するBluetooth Special Interest Group(Bluetooth SIG)の一部です。 したがって、Appleはそれを毎回追い続けています。

macOS Sierraは最新のBluetoothハードウェアのみをサポートします。更新できない場合は、新しいものと交換する必要があります。

ではどうすればいいですか?El Capitanに格下げしなければなりません。 または、ハードウェアをアップグレードする必要があります。

問題7.さまざまなSafariプラグインの問題

それは実際にはmacOS Sierraの機能ですので、問題ではありません。Appleは通常、Java、Flash、Quicktime、Silverlightなどの古くなったものを取り除きたいと思っています。これらの時代遅れのプラグインをあきらめたら、より速くてより良いブラウジング体験を与えられます - が新しいHTML5を楽しむことを可能にします。

これらの時代遅れのものを使用するサイトに来た場合、プラグインをオンにしたいかどうかmacOS Sierra Safariは尋ねます。

問題8.アプリケーションが起動しないかクラッシュする

macOS Sierraではアプリケーションが動作しないことがあります。 単に開けないか、完全にクラッシュします。 その理由はオペレーティングシステムとは互換性がありません。

これはなぜですか。 まあ、おそらく開発者はそれをmacOS Sierraと互換性があるようにするためにアプリケーションを更新していません。 または、自身がそのアプリをそのmacOS Sierra互換バージョンに更新していない。

まずは、これらのアプリケーションに更新があるかどうかを確認する必要があります。 アプリの公式ウェブサイトにアクセスして、Sierraの互換性に問題があるかどうかを確認できます。 最後に、これらの互換性のないアプリケーションを置き換えるために使用できる代替アプリを確認できます。 これらの古いアプリをアンインストールする場合は、単にゴミ箱に入れないでください。 PowerMyMacのMacアンインストーラを使用してシステムをキレイにしてください。詳しい使い方は次のとおりです。

PowerMyMac無料トライアルを入手今すぐ無料トライアルを入手!

ステップ1.「アンインストーラー」を選択してスキャンする

[スキャン]をクリックして、デバイス内のすべてのアプリケーションをスキャンします。 結果が表示されるのを待ちます。

モジュール「アンインストーラー」を選択してスキャンします

ステップ2.不要なソフトウェアを選択してクリーンアップする

「クリーン」をクリックします。 完了するまでしばらく待ちます。

不要なソフトウェアを選択してクリーンアップ

問題9.macOSSierraのバッテリー寿命が短縮になる

macOS Sierraでは、多くの人がバッテリーの寿命が短くなることを気付いたかもしれません。しかし、問題は通常、オペレーティングシステム自体にはありません。 電池が本当に古いからかもしれません。 あるいは、バックグラウンドで実行されているアプリケーションが多数あることが原因の可能性もあります。 その他の理由としては、不十分なRAMとファイルやフォルダーでいっぱいになっているディスクドライブ(十分なディスク容量ではない)が考えられます。

macOS Sierraのバッテリー寿命が短くなったと思うのなら、Macをチェックできます。

ステップ1 - アクティビティモニターを起動して、現在何が実行されているかチェックしてください。

ステップ2 - 自動実行を確認してください。 これらには、Macデバイスの起動時に自動的に実行されるアプリケーションが含まれています。 不要な自動実行アプリケーションがあるかどうかを確認してください。

次に、Macデバイスの起動時にそれらが実際に実行されていないようにします。

ステップ3 - 本当に何も助けにならない場合は、より低いオペレーティングシステム、El Capitanにダウングレードする必要があります。

新しいオペレーティングシステムを使用するよりも古いオペレーティングシステムを使用している間は長いバッテリ寿命を持つことをお勧めしますが、デバイスはそれを使用してわずか数時間後にシャットダウンします。

問題10.iTunesは常にmacOSSierraでクラッシュします

これは、一部のiTunesバージョン、特にiTunes 12.5.3で問題になる可能性があります。 これにはさまざまな理由があります。 ただし解決方法があります。 1つには、より安定したiTunesバージョンにダウングレードすることができます。 新しいバージョンがある場合は、それもアップグレードできます。

*新しいバージョンにアップグレードしたい場合は、App Storeを起動してください。 更新タブに移動します。 その後、iTunesをチェックしてください。

*以前のバージョンに戻したい場合は、Time Machineからのバックアップを利用できます。 または、アップルのWebサイトにアクセスしてダウンロードすることもできます。

問題11.PhotoshopがmacOSSierraで起動しない

この問題は2016に遡ります。これはPhotoshopを再インストールするか、macOS Sierraのクリーンインストールを実行します。 Photoshopを再インストールするには、まず次のコマンドでアンインストールできます。 PowerMyMacのMacアンインストーラー (上記のように)。 Photoshopを再インストールした後に再び使用できるように、必ずライセンスキーを保管してください。

これで、最後の問題(問題12)は次の部分で説明します。 それはmacOS Sierraをスピードアップするための異なる方法を示します。

パート3。macOSSierraを高速化する方法は?

問題#12、遅いmacOS Sierraはユーザーの問題ですか? スピードを上げる方法を紹介します。 最初の方法で始めましょう。

方法1 - デバイスのディスクドライブをクリーンアップする

ハードドライブをクリーンアップする必要があるかもしれません。 これは手動でクリーニングするか、ツール(iMyMac PowerMyMac)を使用します。 簡単にしたい場合は、ツールを使用して上記の手順に従ってください。

方法2 - 特殊効果の使用している場合はそれらを調整する

これはMacデバイスを少しスピードアップさせます。 それを行う方法は次のとおりです:

ステップ1 - 設定に入ります。

ステップ2 - アクセシビリティに移動します。

ステップ3 - デスクトップに移動します。

ステップ4 - 透明度やデスクトップの動きなどの特殊効果を減らします。

ステップ5 - 明るさを最小にするためにF1を(キーボードで)押してください。

方法3 - 最適化ストレージの有効化

iCloud Storageを使って未使用のファイルや古いファイルを保存することもできます。 以下の手順に従ってこれを行います。

ステップ1 - アップルメニューに行く

ステップ2 - このMacについての訪問

ステップ3 - ストレージに移動

ステップ4 - [管理]をクリックします

ステップ5 - ウィンドウが起動します。 Store in Cloudをクリックして最適化する必要がある

iCloud上で5GB分のストレージしか与えられていないことに注意してください。多くのストレージを必要とするならば、毎月の料金を払わなければなりません。

方法4 - デスクトップをきれいにする

デスクトップにたくさんのアイコンがある場合は、それを再編成する必要があります。 ファイルをさまざまなフォルダにグループ化し、不要なファイルをクリーンアップします。 これはシステムをスピードアップします。

方法5 - 応急処置の利用

ディスクパーミッション修復ツールを利用することができます、これはMacシステムに組み込まれていて、遅いMacOSを修復するために使われます。 これを行う方法は次のとおりです。

ステップ1 - ディスクユーティリティを起動する

ステップ2 - デバイスのメインハードドライブを選択します

ステップ3 - 応急処置をクリックして

方法6 - SMCをリセットする

上記のオプションが機能しない場合は、システム管理コントローラ(SMC)をリセットする必要があります。 理由はさまざまです。 たとえば、ハードウェア(ライト、キーボード、およびファン)が正しく動作していない場合は、SMCをリセットする必要があります。 パフォーマンスが遅い場合は、この修正も実装する必要があります。 SMCをリセットすると、バッテリーに関連する問題(ウェイク、スリープ、充電など)を解決することもできます。

実際にSMCをリセットする前に、アプリケーションを閉じる必要があります。 さらに、Command + Escape + Optionを押して、応答していないすべてのアプリケーションを強制的に終了する必要があります。 Macをリセットするための指示が書き留められているか他の装置で開かれていることを確認しなければなりません。

これはMacのノートブックデバイス用のガイドです(SMCをリセットする方法について):

ステップ1 - Macをシャットダウンします。

ステップ2 - 電源コードを差し込みます。

ステップ3 - Shift + Option + Controlを押しながら電源ボタンも押します。 これらすべてを同時に押して、放してください。

ステップ4 - もう一度Macデバイスの電源を入れます。

これは、MacデスクトップでSMCをリセットするためのガイドです。

ステップ1 - Macをシャットダウンします。 その後、それを抜いてください。

ステップ2 - 少なくとも5秒待ちます。

ステップ3 - もう一度差し込みます。

ステップ4 - 少なくとも5秒待ってください。

ステップ5 - Macのデスクトップを起動します。

方法7 - PRAM / NVRAMのリセット

不揮発性ランダムアクセスメモリ、それがNVRAMの略です。 パラメータランダムアクセスメモリはPRAM(Macデバイスの古いバージョンで使用されている)を指します。 通常、NVRAMをリセットするとき、それはこれらの問題が原因です:

*画面解像度の問題

* Macが間違ったディスクで起動する

*カーネルプロセスは実際にパニックを起こす

これをステップバイステップで行う方法は次のとおりです。

ステップ1 - Macデバイスをシャットダウンします。

ステップ2 - Command + Option + R + Pキーを探す

ステップ3 - Macの電源を入れて、起動音が鳴るまで待つ

ステップ4 - 起動音が鳴ったら、前述のすべてのキーを押す

ステップ5 - Macデバイスが再起動して起動音が鳴るまで、これらのキーを押し続ける

ステップ6 - 起動音が鳴ったら、キーを放す

方法8 - ハードウェアのアップグレード

これは最後のオプションです。 より多くのRAM(メモリ)を取得したい、またはソリッドステートドライブ(SSD)などの高速ドライブを使用したいならできます。 もちろん、これはお金が必要ですが、macOS Sierraに関する問題を経験したくない場合は、非常に助かります。

パート4。まとめ

macOS Sierraのインストールで問題が発生しますか?ここに解決方法があるので心配しないでください。 macOS Sierraが直面する最も一般的な問題に対するすべての修正があります。 上記のガイドに従い、推奨されるツール(iMyMac PowerMyMacなど)を使用して問題を解決してください。

macOS Sierraは通常スムーズに動作し、古いオペレーティングシステムと比較して高速です。 Macデバイスで問題が発生する理由は多数ある可能性があります。 特定の問題に関心がある場合は、このガイドで詳細を確認できます。 最後に、iMyMac PowerMyMacを使用して、Macから不要なファイルを削除し、パフォーマンスを高速化できます。 そのアンインストーラーを使用して、不要なアプリケーションを完全かつクリーンに削除することもできます。